忍者ブログ

たかちよの着物でいい生活、初体験。着こなし、問題、いろいろまるごと体験談書き書きします。

2017 . 12
|
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • え~↓ぽちっとして~☆彡
    最新コメント」
    [12/27 ロレックス 偽物 oh today]
    [12/27 カルティエ 財布 ださい 女]
    [12/26 コーチ ジャケット チャンピオン]
    [12/25 カルティエ 時計 レディース 人気 tシャツ]
    [12/25 カルティエ 財布 ださい 語源]
    最新トラックバック
    プロフィール
    HN:
    たかちよ
    性別:
    非公開
    バーコード
    ブログ内検索
    カウンター
    あし@
    script type="text/Javascript" src="http://ashia.to/client/js.php?id=30355&enc=utf">
    カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


    大切な器が壊れて悲しい思いをした記憶ありませんか?

    使える器なのに、小さい欠けが・・・なんてことも。


    みなさんは「金継ぎ」という、日本に昔からある伝統的な修理法をご存じでしょうか?私がこれを知ったのは、テレビで・・・でした。

    その時は「えっ?器って直して使えるの?」とおぼろげな感じでみておりました。

    学生の頃、友人が、粘土で欠けた器を直し、ニスで仕上げたものを見て、「なんだかイビツな形・・・直したあとがすぐにわかるなぁ。」
    と、器に対する愛情は感じるものの、野暮ったい感がぬけず、しっくりこなかった記憶がありました。


    ある日お料理やさんで、金の模様のある器をみかけました。
    その器は繊細で、草木の模様が描かれており、器の上部に金の月が描かれておりました。

    素敵なもようだな~夜の野原という感じのイメージで作ったのかなぁと感心しておりますと、「この部分は金継ぎがしておりまして・・・なんたらかんたら・・・」


    衝撃が走りました。衝撃が走りました。衝撃が走りました。



    テレビで見たあれと、今手元にあるこれが、ぴたっと重なった瞬間でした。

    夜の野原の月に見えた部分は、実は、「金継ぎ」で直した部分だったのです。

    でも、器は金継ぎで直るとはわかっていても、まるで雲の上の霞をつかむようなお話・・・。

    日本の伝統ですから、日本人であっても、知らない事が多く、簡単にできない・・・。



    思い起こせば、着物を着るときも初めはそんな感覚でした。

    「着物。日本人なのによくわからない・・・。一人で着ることもできない・・・。帯いったいどうなっているの?」

    着物は少しずつ勉強し、もういまでは私の人生と切っても切れない存在になりました。

    振り返り着物生活の長い道のりを思い出すと、今はまだ金継ぎのスタートラインにも立っていない自分と着物の事を何も知らなかった頃の自分とを重ね、金継ぎ・・・今の私にとっては近くて、遠い存在だな・・・。と言い表せないもどかしい気持ちになるのでした。


    そして、日々は過ぎ・・・


    今年の初めに東急ハン〇に行った時、




    衝撃が走りました。衝撃が走りました。衝撃が走りました。



    なんと!!!そこには、金継ぎセットが!!


                 DSCF1374.JPG 


    http://store.shopping.yahoo.co.jp/hands-net/96089991720.html


    つづく・・・次回、衝撃の金継ぎ体験のお話を

    PR

    Post your Comment
    Name
    Title
    E-mail
    URL
    Comment
    Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    この記事へのトラックバック
    Trackback URL
    Script:Ninja Blog 
    Design by:タイムカプセル
    忍者ブログ [PR]